HOME>注目記事>カビを放置することは健康にも悪い影響が出る

自宅で行える対策

掃除

お風呂や洗面所などの水回りはもちろん、押し入れなども湿気がたまりやすくカビが発生しやすい部分です。カビを放置することは、見た目を悪くするだけではなく、健康にも悪い影響が出る可能性があります。それゆえ、カビに気づいたら早めの対策を行いましょう。まず、お風呂や洗面所などの水回りには市販のカビ取り剤が役立ちます。薬が使えない部分は、湿気対策をきちんと行うことが大事です。冬場は結露や加湿器などの利用で特にカビが発生しやすくなるので注意が必要です。押し入れの換気や窓の結露対策はしっかりと行いましょう。さらに市販の水取り剤、さらに除湿器などもカビ対策に役立つので上手に活用したいところです。

見えない部分のカビ

掃除

カビは目に見えている部分は対処しやすくなりますが、普段見えていない部分はつい対処を怠りがちです。特にエアコン内部は外側から見えていないので、カビ対策は忘れているという人も多いのではないでしょうか。エアコン内部にカビが発生すると、エアコン使用時にカビの胞子が部屋に放出されることになります。エアコンを使ったときに嫌な臭いがするという場合は内部が汚れている、カビが発生していることが考えられます。素人では内部の掃除は難しいものがありますので、プロのエアコンクリーニングを活用することがおすすめです。

カビの再発を防ぐなら

掃除

カビ対策をしても、その後のお手入れが悪いとまたカビは再発してしまいます。水回りは特に発生しやすいので、こまめに掃除し、再発を防ぎましょう。部屋の湿度が高いことや、ほこりがたまっていることもカビの発生につながるので、掃除機もまめにかけておくことが大切です。部屋の湿度が高すぎる場合は、除湿器などを使って調整しましょう。エアコンなど素人では対策が難しい部分は、定期的にプロのクリーニングを利用すると良い状態を保つことができます。エアコン内部がきれいになることはもちろん、冷暖房の効きが良くなることもメリットです。